Category

PICK UP

News

2017/12/21
企業と人材を幸せに結ぶ架け橋を更新致しました。
2017/12/21
現代の支援サービスを更新致しました。
2017/12/21
会社にとって重要な「従業員」を更新致しました。
2017/12/21
システム導入に関する事柄を更新致しました。

中途採用支援の活用で欲しい人材を効率よく確保

企業にとって欲しい人材の確保は、大きなテーマのひとつです。新卒採用時はもちろんのこと、会社の即戦力を求めるような中途採用の求人では、普段以上に力が入るものです。最適に思われる求人媒体を複数選んで、費用も時間もかけて中途採用に臨んでいる企業も少ないはずです。
しかし求人広告の出し方や選んだ媒体のミスマッチなどで、思うような採用に繋がらないことがあるかもしれません。求人の費用はじめ、採用活動に掛かる手間や時間が無駄になったという経験がおありの場合は、中途採用支援の導入を検討してみてはいかがでしょうか。中途採用支援を行っている会社は、採用に関するノウハウを駆使して最大限効果が得られる中途採用をマネージメントしてくれます。現状の採用状況における課題点の抽出はじめ、適切な求人媒体の選定や適切な求人広告の提案をしてくれます。さらに効率の良い採用管理システムのアドバイスや、応募状況や採用結果に対するフォローも受けられます。中途採用支援を導入することで、結果的に低コストで欲しい人材を効率よく確保できるメリットがあります。過去に中途採用で思うような結果が得られなかった経緯がある場合は、中途採用支援の検討がおすすめです。欲しい人材の確保はもちろん、今後の採用活動に役立つノウハウも掴めるでしょう。

中途採用支援で採用に掛かる時間を削減

即戦力となる人材を確保できるため、新卒採用以上に中途採用の人材確保に時間を掛ける企業も多いでしょう。新卒採用とはことなり中途採用は求める人材像ははっきりしています。しかしそれにマッチする人材を見つけ、採用をするのは時間もコストも掛かります。中途採用に掛かる時間やコストを削減する為に、中途採用支援の導入がお勧めです。
中途採用の業務を企業が独自で行おうとすると、人材の募集、書類選考、諸々の連絡などという作業を行わねばならず、非常に多くの時間を費やします。また人材を募集する為に求人広告などへの掲載を行うと、そこで費用も発生します。中途採用支援ならこうした無駄な手間を省くことができ、より通常業務へと時間を費やすことができます。
また、中途採用支援なら企業が望む採用条件にピッタリと合った人材を紹介する事ができます。人材を集めるノウハウを持っているので、企業が自ら人材を確保するために動くよりも、よりその条件に合った人材をスピーディーに集めることが可能なのです。
中途採用支援では面接の調整、合否の連絡などといった手続きなどの代行を依頼できることもあり、企業の中途採用に関する業務の多くを委託する事ができるのです。

採用の単価や各媒体の応募効果などを数値化することができますので採用クオリティが格段に高まります。 Indeedから自社サイトに誘導することで応募者を増やします。 人材採用は可視化し、分析を行います! 応募者の熱が冷めないようにレスポンスをスムーズに行います。 複数担当者で情報共有ができますので、採用担当者が複数いても問題なく利用していただけます。 中途採用支援の導入をお考えなら参考までにどうぞ。

New Posts

企業と人材を幸せに結ぶ架け橋

中途採用支援で最適な人材を! すぐに働ける人材が欲しい、そんな理由で中途採用を検討している企業もあると思います。ですが、中途採用での人材の選定はとっても大変、担当者を定めたり、求人をだしたり、様々な業務を行う必要があります。新卒採用とは様々な面が異なるため、また違った業務や対応が必要です。より…

More...

現代の支援サービス

中途採用支援サービスを使って外国の人材を積極採用 日本はずいぶん前から少子高齢社会に突入していて、この先は移民を受け入れないと社会が回らないのではないかと言われているくらいです。現在ではまだ限定的ですが、それでも海外にも目を向けて人材確保をしておいたほうが、将来的に生き残れる確率も上昇するはず…

More...

会社にとって重要な「従業員」

頼りになる人材確保は中途採用から 近年人口が減少しているとはいえ、まだまだ人は沢山います。なのに人手不足と言われています。日本の社会は新卒一括採用を主な採用としてきましたが、見直すときが来ていると思います。転職サイトや転職説明会なども盛んに行われています。たとえ前職が僅かしか勤めていなくてもキ…

More...

システム導入に関する事柄

中途採用支援が登場した背景と導入がおすすめなケース 企業の規模が大きくなるほどに、採用の機会も多くなりがちです。多くの企業では新卒採用ばかりでなく、中途採用の機会も少なくないはずです。人事部などの部署があり、そのスタッフが複数名いる場合は採用の準備も対応も十分にできますが、それ以外の企業では普…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加