Category

頼りになる人材確保は中途採用から

近年人口が減少しているとはいえ、まだまだ人は沢山います。なのに人手不足と言われています。日本の社会は新卒一括採用を主な採用としてきましたが、見直すときが来ていると思います。転職サイトや転職説明会なども盛んに行われています。たとえ前職が僅かしか勤めていなくてもキャリアと認め、社会人としてのスキルを持つ人として中途採用支援が必要だと思います。大事なのはいつ就職するのかではなく、どんな気持ちで就職するかです。この気持ちを生かさない手はないでしょう。会社としては早くに人材確保し一律に教育して会社で働いてもらうことを望んでいると思われますが人を活かすにはそれだけでは足りないと思います。どんな人材か何が得意かどのように活かせるのかよく見極めることが大切です。
しかし日常業務は忙しくなかなか見極めるのも大変なことだと思います。そこで中途採用支援をしている企業を利用するのも対策の一つではないでしょうか。中途採用支援制度を導入している会社は自社にあう人材を探しやすいようです。中途採用支援の会社は第三者の視点で採用を見てくれます。自社に必要な人材はどんな人かコンサルティングを行う会社もあります。且つコスト削減をも考えられています。確かな人材確保のために中途採用支援の会社を利用してみましょう。

面接方法を改善

ひと昔前はなかなか仕事が見つからない時期というのもありましたが、現在は逆にさまざまな業界で人手不足が続いています。特に中小企業は中途採用などでどんな人材を入れるかによって、その後の将来を左右するものですが、小さな会社は採用のノウハウの蓄積がなく、せっかく会社に入れてもすぐに離職するケースが少なくないようです。
そのような悩みを持っている企業にオススメなのが、中途採用支援サービスの活用です。中途採用支援と言うと、いまひとつピンと来ないかも知れませんね。今回は一番わかりやすい面接官トレーニングを例にとって説明していきます。企業からすると、面接は自分たちが相手を選ぶ場だと思いがちですが、もちろん求職者も採用担当官の態度をよく見ています。ここで横柄な態度を取ってしまったり、説明がわかりにくかったりすれば、求職者の方から見限られるという可能性もあります。これは大きな機会損失になってしまいます。そうならないためにも、中途採用支援サービスを提供している会社に相談して、今の面接形態で本当に問題がないのか、いろいろとアドバイスをもらうことができます。面接方法を改善されれば、今までは振り向いてくれなかった優秀な人材も御社に来てくれるかも知れません。

PICK UP

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加